TestFlight

今から8年ほど前にiPhoneアプリをリリースした時にはなかったと思われる、TestFlightっての使ってみようと思い昨日の深夜(今日の早朝)に申請を出してみた。久々に申請してみて思ったのが、「輸出コンプライアンス」ってのがあって、一体自分の作ったアプリが暗号化技術を使ってるのかって聞かれるんだけど正直わかりません。フレームワークが使用しているかもしれないけど、全部調べるのも大変だし。ということで色々とググって調べてみたら以下のサイトが見つかったので、記載されている内容に従い設定しました。(多分、大丈夫と思われます)

AppStore輸出コンプライアンスについて〜httpsは米国輸出規制対象外

あとは、審査が通過するのを待つのみ。昔は審査に結構な時間がかかってましたが、24時間以内に50%が48時間以内に90%のアプリの審査が通るそうなので、この週末にTestFlightを経由してテストユーザー(と言っても奥さんだけですが)にゲームをインストールしてもらうことができますね。

TestFlightを使用してリリースが終わったら、本リリースのためにスクリーンショットを作成しなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。